トランジェント Transient とは何か?基礎知識と解説!

トランジェントとは音の輪郭を形作り、一瞬の存在ながら
聴覚的にもミックス的にも重要な音成分である。

 

 トランジェントはミックスにおいて大事な要素であり、トランジエント調整を目的とする専用プラグインがいくつもあります。しかし、そもそもトランジェントとはなんでしょうか?

 オーディオ用語としてのトランジェントもありますが、ここでのトランジェントは音楽制作、ミックスにおける音、サウンドに関わる内容になります。

 

 一般的に、その真の重要性はあまり認知されていないようにも思います。本記事ではその意味、基本的なことを明らかにしていきます。

 

“アタック”とは違う

Envelope-Curve

 エンヴェロープ・カーブとはあくまで、音量の時間的変化を表したものです。エンヴェロープを使って、音色の時間的変化を表現しますし、音の特性を表すものですが、根本的にトランジェントとは無関係です。アタックとトランジェントは、厳密には別になります!

 ただし、タイミング的には、アタック部分で発生する瞬間的な音成分ではあります。なぜなら、その楽器を弾いて発音の瞬間に発生する、一種のノイズとも言えるからです。

 

トランジェントの役割

トランジェントの一番の役割は、音の輪郭です。

 非常に短い時間で、しかも音程を持つ音ではありませんが、人間の聴覚上においては非常に重要ですし、その楽器の音を特徴付ける要素でもあります。

 

Friedemann Tischmeyer “Internal Mixing” ( www.proworkshops.de )

136ページより引用。

“Transients plays a huge role in defining natural sounds for our ear, for example with a bowed string With layered sounds that have no attack, there are no transients. The more percussive sound is , the greater the importance of the transients.

“トランジェントは私達の聴覚上において、自然なサウンドを知覚する上で非常に重要な役割を果たします。例えば、弓弾きの重ねられた弦楽器のスローアタックによるサウンドにはトランジェントはありません。パーカッシヴな音であるほど、トランジェントの重要性は大きくなります。”

(以下略)

 

 バイオリンであっても、強く弾けば弦と弓の擦れる音がトランジェントになり得ます。同じ楽器でも、弾き方によって変わる場合もあるということです。

 わかりやすい例で言えば、エレキギターの実際の音程を持っているのはもちろん弦の振動です。しかし、ピックで弾いた時のカツッという音こそがトランジエントであり、このカツッという音があってこそ、エレキギターはエレキギターらしい音でいられるわけです。

 つまり、ひとつの楽器であっても、様々な音が組み合わさっているわけですが、その1つにトランジエントも含まれています。

 スネアドラムで言えば、皮とスティックの触れたバチッという音、スネア全体が鳴るボンッ(コンッ)という音、そして裏に張られたバネ、スナッピによるザザッという音。これらが組み合わさって、初めてスネアらしい音になっているわけです。

 ここではバチッという音がトランジェントになります。この音がなければ、スネアの音は締まりのないものになってしまいます。

 

多すぎてもダメ

 トランジェント自体は、非常に瞬間的で音量的にも弱い存在ですが、現代のレコーディング、すなわちデジタルであり、オンマイク(マイクを近くセットする)での録音だと、逆にトランジエントが強く、大きく録れすぎてしまう場合があります。これは大きな問題です。

 つまり、大きすぎると耳に痛いのです。デジタル録音の弱点はここで、逆にアナログ録音がなぜ良いといわれるのかというと、実はアナログテープがトランジェント成分を弱めてくれるから、という説もあります。

 デジタルはクリアすぎてダメだ!音を鮮明に録りすぎてしまうからダメだ!みたい言説の真相は、つまりトランジェントの扱いに原因があり、デジタル技術自体が悪いわけでない、ということです。

つまり、デジタル・ミックスにおいては積極的にトランジェントを調整する必要があり、だからこそトランジェント系プラグインが存在するわけですね。

 

ミックス上での取り扱い

 というわけで、ミキシングにおいてトランジェントをどう扱うかが、ミックスのクオリティに実は直結します。これはあまり言われていないことかもしれませんが。

特に気をつけなければいけない点が二つあります。

  • ミックスにおける、あるトラックの距離感
  • コンプによる、トランジエントの喪失

 少ないと音の輪郭がぼやける、多すぎると耳に痛い、ということを基本として、そこに上の二つの問題が加わります。それぞれ内容を確認していきます。

距離感を左右する

 ミックスにおける距離感はどうやって生み出されるか?については記事を書いています。

Mixにおける“距離感”について

 記事の内容から抜粋すると、トランジェント成分によって、距離感の認識が左右され、離れているのにトランジェントが強いと違和感をもたらす、というような内容です。トランジェントが音の距離感に与える影響はかなり大きいと思います。

コンプによるダメージ

 コンプレッサーによって、音が引っ込んでしまう、パンチ感がなくなる、という諸問題は実は速いすぎるアタックによって、コンプでトランジェント成分を殺してしまっていることによります。音圧は上がったけど、なんだか音が引っ込んでしまったなぁ、という時はほぼこのためです。

 音の輪郭を担っているのだから、コンプでそこが潰されてしまうと音が弱まってしまうです。もちろんコレを利用して、コンプでトランジェントを弱めたり、奥に引っ込めることも出来ます。

 コンプのアタック部というのは、トランジェントを潰さないように調整するのが基本ということになります。

 

トランジェント系プラグイン

 繊細で瞬間的、取り扱いがムズカシいからこそ、専用プラグインの出番です。

TransMod

 Sonnoxによる、TransModなどが有名です。トランジェントを狙って、弱めたり強めたりできます。例えば、ギターをライン録音して、アンプシミュで鳴らすという場合でも、アンプに通す前にトランジエントを弱めると上手く言ったりします。ギターのライン録りこそトランジェント過多だからです。

 

Physion

 Eventideによる、Physionはトランジェント系プラグインの新星として、最新技術が投入されています。トランジェント部分Tonal(実音)部分を自動的に分けて、それぞれプロセッシングできるというものです。

 

まとめ!デジタルサウンドの要

 上にも書きましたが、デジタルサウンドの弱点はトランジェントによる部分が大きいと考えられます。それは一般的にマイクを音源に近づけて録音し、それによってトランジェントがその距離感のまま、過剰に録れてしまうからです。対策としては、例えば”マイクを離して録る”ことですが、これは現代の音楽、制作の状況からして現実的ではありません。(響きの良いスタジオで、可能ならオフマイクでの録音もひとつの選択肢です。)

 なので、やはりトランジェント系プラグインの重要性は高くなります。

 つまり、トランジェントを調整することで、まず耳に優しい音になるし、ミックスにおける距離感を最適に調整できるということです。もっとこの音を前に出したい!という時は、コンプに頼るのではなく、トランジェントを強めるのであれば、音全体への影響は少なく出来ます。

 トランジェントを制するのが、最新デジタルサウンドを制するといっても過言ではないかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください