iLok License Manager が起動しない問題について [ エラー ]

 

iLok ライセンス・マネージャーのエラー!

※当環境はWindow7ですが、同様の手順でその他のOSでも対応できると思います。

ilok-error-dialog

 このようなダイアログが表示され、iLok License Managerがそのものが起動できず、オーサライズ自体も機能しなくなり、プラグインが使えなくなってしまうことが度々ありました。

 その都度再インストールをしたりして凌いでいたんですが、根本的な解決法が見つかったので記事にしてみます。というか本家のトラブルシューティングから見つけたんですけどね。

 

gif動画にて本記事の手順を実演しています。

↑このような設定方法になりますが、以下順を追って説明していきます!

 

各手順について

ilok1

 まずコントロールパネルから『システムとセキュリティ』を開きます。

 

ilok2

 次に『管理ツール』を開きます。

 

 サービス』をダブルクリックすると、様々な機能のリストが出てきます。下手に触るとパソコンがおかしくなる可能性があるので注意しましょう。

 

 PACE License Services という項目を探し、右クリックからプロパティを開きます。

 

ilok3

 スタートアップの種類を『自動(遅延開始)』に設定し、適用。それで再起動すれば設定は終了です。これはOSが立ち上がってから、その機能がスタートするタイミングの設定です。

 パソコンの環境にもよるでしょうが、ほかのソフトとぶつかってしまって、iLokのソフトの起動がうまくいかないと起こる症状だったのかもしれません。

この設定によりパソコン自体が多少落ち着いてから、時間をおいてから、ソフトを起動するようになったので大丈夫になったと思われます。

特に問題がなければ、『自動』のままでもいいんじゃないでしょうか。

 

しかし、以上のような設定してもエラーが出るときがあります!

ilok4

その場合は上記の手順で再度『サービス』を開き、PACE License Servicesを選択した上で”サービスの再起動”を実行しましょう。

*そもそも起動してなかったら“サービスの起動”を選びましょう。

以上で、マネージャーエラー多発に対する対策となります。

 となると、PCを起動するごとにマネージャが開くかどうか確認しなきゃいけないわけで、ものすごい手間ですね・・・iLok使うのも楽じゃない。早く日本支社かサービスセンターが欲しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください