コンプレッサーとリミッターの違いとは

分かりにくいコンプレッサーとリミッターの違いについて解説します!

コンプレッサーは飛び出た音を叩く、
リミッターは穴に大きな岩を置く!

 どちらも共に音量(音の大きさ)、ダイナミクスにかかわるエフェクターですが、違いが分かりにくく、どういう場面で使い分けるべきか混乱しがちです。

 コンプもリミッターも目的がそれぞれ微妙に異なります。と同時に基本的な動作については、実はほぼ同じです。それぞれの具体的な動作について、分かりやすく解説していきます!

コンプレッサーはハンマー

コンプレッサーが持つ5つの役割、使い方について

 上記事はコンプレッサーのいろいろな役割についての解説。コンプは音量を自動でコントロールする機械ですが、その使い道は多岐に渡ります。本記事では、リミッターと比較しつつ、コンプの基本的な動作の仕組みについての解説になります。

 より感覚的に説明するために、ここでは『もぐらたたき』を例に考えていきます。

How Compressor works

 モグラか?これ?って感じな謎の生物ですが、お許しください。この場合、threshold(スレッショルド)地面の高さになります。モグラが地面から顔を出すか出さないか、という状況をイメージしてください!

 モグラたたきはどんなゲームか?穴から出てきたモグラの頭をトンカチで叩くゲームです。

穴から出ない限り、何も起こらない

Compressor figure1
図 1 コンプの動作を表すグラフ

 左の絵では立った状態で地面から頭が出ていないので、トンカチで頭を叩かれていません。逆に右側では、穴から出た頭を叩かれています。コンプレッサーでも同様なことがいえます。

 つまり、図.1のようにコンプレッサーも赤線で示すスレッショルドを超えない限り、動作しません!横軸がInput (入力音)の大きさ、縦軸がOutput (出力)の大きさです。Inputは右に行くほど入力音が大きく、Outputは上に行くほど音量が大きくなります。

 デジタルにおいては、最大値を0としているので0に近いほど、音量は大きくなります。

-12dB < -6dB < -3dB < 0dBというような大小関係となるので注意が必要です。

Ratioは圧縮率

No Compression
図 2 左はThresholdに届いてない、右はratioが1なのでコンプされない

 Ratioが1 : 1の時はつまり、入力と出力が等しいわけで、図.2の右側のようにスレショルドを超えたとしても、コンプレッションは起きません。

 この場合、モグラは地下で立ち上がって、穴(Threshold)から頭は出したけども、人間に叩く気がなかったのでトンカチで叩かれなかった、という風に例えることが出来ます。

Compressor figure1
再び図 1

 図.1の緑線の傾きだけ、outputとの交点が下がることになるので、この場合は、1dB分だけのGain Reduction(ゲイン・リダクション)が起きています。緑線の傾きこそがRatioであり、元の音量に対して、どれくらい潰すか?の値になります。元の音量との比率を表しています。

 入力音がThresholdを超えて初めて、コンプレッションが働きます。モグラの絵で言えば、穴から頭を出した場合のみコンプレッションが動作する、ということです。

 Threshold以下なら、コンプレッサーがONであっても、図の左下の小さい正方形(-4dB)のように、入力=出力となるわけです。

 コンプレッサーとは穴から出てきたモグラを叩くためのものです。叩いて、抑えた後にゲインを上げることで小さい音と大きな音の差を縮める、という効果をもたらします。小さい音は聞こえるようになるし、大きな音はうるさくなくなる、という効果をもたらします。

リミッターは天井

 コンプは音の大小の差を少なくする働きがありますが、それに対してリミッターは音量の最大値を確定するという働きをします。

 下の絵は地面の穴に大きな岩が置かれており、モグラが穴から出ることすら出来ない状況を描き表したつもりです。

Limter is rock wall
重厚な岩壁に阻まれる

 つまり、リミッターはそもそも穴から飛び出ないようにするものです。穴を超えてしまわないように重い岩を置きます。そうすると、もはや穴はなくなり、そこは“Ceiling”天井になります。どんなにジャンプしても頭が潰れ、首を痛めるだけです。岩が動くことはありません。

 車の速度を制限するスピードリミッターという装置があります。エンジンにおけるリミッターは、どれだけアクセルを踏み込んでも制限された速度以上は出させない、というものであり、その性質は音楽におけるリミッターも同様になります。

Limiter figure
図 3 リミッターの仕組

 モグラの頭の位置を音量の最大値とするならば、つまりリミッターによって音量の最大値が確定されるというわけです。天井の高さが音量の最大、となります。

 図.3のように、青線がInputの横軸と完全に平行になっている状態こそがリミッターといえます。こうなるとCeilingを超えた音、つまり青いゾーンに入る音はすべて-3dBになります。どんな大きさだろうと、ぺったんこです

 コンプは基本、少し凹ませる程度の使い方に対し、リミッターは強制的に、音を完全に潰すので、過剰なリミッティングはサウンドクオリティの低下を招きます。

 いくら原音を損なわないと謳っているリミッターでもです。なので、現実はそううまくいきませんが、リミッターを使わないことが最良のリミッティングとされます。その地点での最終的な音量の最大値を固定するのが、リミッターの主な目的です。

まとめ!

以上、図解を用いてコンプとリミッターの違いについて説明してみました。

コンプは穴から出てきた場合にのみ叩く。差を縮める。

リミッターは、そもそも穴から出ないようにする。天井を作る。

音量を下げる、という基本的な動作は一緒であっても、このように目的がすこし異なっているということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください