コンプレッサーが持つ5つの役割、使い方について

 よくコンプは使いすぎるな!という風に釘を刺されます。(誰に?)しかし、コンプなしには現代のポップミュージックは成立しません!そのくらい必須で身近なものです。どんどん使おう!

 というわけでコンプレッサー基本的であり、もっとも重要なエフェクターの一つですが、その役割というのは実はかなり多岐にわたります。

 今回は5つの主な役割について、まとめていきたいと思います。

コンプレッサーは本来、音量調整のための機材だが、実際のミックスにおいては、多種多様な目的のために使われている。

[ 目次 ]

 

1. 音量の強弱の幅の調整

 より音楽的な表現において、音の強弱は重要な役割を果たします。しかし、ミックスの観点からすると過剰な音量の変化は、距離感、ミックス全体における各々のバランス、定位感において悪影響をもたらしてしまいます。なので、適切な範囲(狭すぎても広すぎてもダメ)に収める必要があります。

Compressionによって大きな音を抑えて、そしてゲインを上げることで小さい音を上げる。
大きな音↓ 小さな音↑
これによってダイナミックレンジが狭まり安定し、かつ聴覚上の音の大きさ(音圧)が上がるというわけです。

 ミックスというのは、割り算です。二本のスピーカーで音を再生する以上、1つの楽器に割り当てられるスペースというのは限られてきます。それは周波数(音の高い低い)はモチロンですが、ダイナミクスも同様です。トラックが増えると、それだけ狭くなるので、コンプで調整する必要があるということになります。

 

距離感についての補足

 多くのトラックがある場合は特にですが、その範囲を超えるような過剰なダイナミクスの変化はミックス内部における、前後の距離に悪影響を与えます。(トラック間の前後関係のバランスが崩れる。)

 音の強弱が大きくなりすぎると、その楽器が変に近づいてくるように聞こえてしまったり、あるいは小さすぎて、埋もれてしまったり。あるいは変に遠くに離れてしまったように聞こえたり、ということです。

 

 それが一音単位で起きてしまうわけで、特定の意図を除けば、そういう聴覚効果は聴き手に不安定な印象を与えるだけです。耳が疲れますし、イライラします。

 コンプを上手く使えば、ちゃんと抜けて聞こえる遠くの音、つまり音をいい意味で引っ込めることも出来ます。音量を抑えつつ、極端に近い位置で音を鳴らすことも出来ます。コンプでそのmixの空間感をコントロールすることが出来るわけです。

 

 ミックスにおける距離感については、こちらのミックスにおける距離感とは何か?で詳しく説明していますので、参考にどうぞ。

 

2. ピーク成分の抑制

 その1の役割と近いといえば近いですが、演奏上の強弱とは別でレコーディング上、楽器の特性上どうしても避けられない突発的で過剰なピーク成分(極端な音量の増減部分)を抑える、あるいは取り除くという役割もあります。

 これは大抵耳に痛い部分でもあるので、音処理として重要です。Head room (ヘッドルーム)、最大音量に対する余裕を確保します。

 

Peak Reduction

 デジタル・オーディオにおいて、0 dBは超えてはいけないことになっているので、その中で音圧をあげるとなると、ピークを抑えることが重要になってきます。パーカッシヴな部分よりも持続音(サステイン)的な部分を持ち上げる、ということが音圧をあげるということになりますが、もちろん、潰し過ぎても音の輪郭にダメージを与えてしまうので、注意が必要です。

 ここら辺はトランジェントも関係してきます。トランジェント Transient とは何か?基礎知識と解説!

 

3. エンヴェロープの調整

 個々の音色を決定付ける2つの要素があります。『倍音構成』『エンヴェロープ・カーヴ』です。前者についてはイコライザーで後者についてはコンプで調整できます。

 

 音の強弱については、時間軸上の前後関係の問題になりますが、エンヴェロープの調整は音そのものの調整、加工になります。Mix全体になじむようにエンヴェロープカーヴに調整。できれば録音前にやるべき部分ではありますが、それでもMix時に、アタックがキツ過ぎるとか、音の伸びが足りないなどということが起きるので。

 あるいは、コンプによってグルーヴ感を付与することすらできます!その代表例が、昨今のサイドチェーン・コンプ(バスドラなどの外部入力をきっかけにコンプする)を使ったエフェクトです。通常のコンプレッションでも、特にアナログ系は音に躍動感を与えることが出来ます。

 

4. サウンドに色、パンチ感を。

 コンプはそもそも、音の大小にかかわるエフェクターです。しかし、特にアナログモデリング系ですと、コンプレッションの際に、音そのものにかなりの変化をもたらす機種があります。

 それを音作りに積極的に利用するということです。1176LA-2ASSL bus compなどが代表的な機種です。(これらをモデリングしたプラグインは各社より多数発表されています。)

 

5. グループの一体感を出す。

 これはBus(バス)やマスターアウトなどにおいて有効です。グループとは、楽器やトラックの一定のまとまりのことです。ドラムセット全体、パーカッション類、シンセ類、複数のギターなど。どういうまとめ方をするかはエンジニア次第です。

 

 またマスタリングにおいてのコンプレッションにも、こうした狙いがあります。全体にかけることで、ミックス全体に一体感を出すということです。各々のトラックの処理をきちんとしないと、一部のトラックにだけ過敏に反応してしまい、逆にMix全体のバランスがおかしくなりかねませんが・・・

 うまくBus全体にかけることで、そのMix空間における定位感を固定し、グループ全体の一体感を向上させます。ただし、かけすぎてしまうとメリハリ、躍動感がなくなり、のっぺりとしたサウンドになってしますので注意が必要です。

 


 以上がコンプの持つ、基本的な5つの役割です。コンプは奥が深いです。しかし、これには現代の音楽は成立しません。使いこなせるように日々鍛錬あるのみです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください