コンプレッサーが持つ5つの役割、使い方について

 

コンプレッサーは本来、音量調整のための機材だが、実際のミックスにおいては、多種多様な目的のために使われている。

 

よくコンプは使いすぎるな!という風に釘を刺されます。(誰に?)しかしコンプなしには現代のポップミュージックは成立しません!そのくらい必須で身近なものです。どんどん使おう!

というわけでコンプレッサー基本的であり、もっとも重要なエフェクターの一つですが、その役割というのは実はかなり多岐にわたります。

今回は5つの主な役割について、まとめていきたいと思います。

 

1. 音量の強弱の幅の調整

より音楽的な表現において、音の強弱は重要な役割を果たします。しかし、ミックスの観点からすると過剰な音量の変化は、距離感、ミックス全体における各々のバランス、定位感において悪影響をもたらすので適切な範囲(狭すぎても広すぎてもダメ)に収める必要があります。

Compressionによって大きな音を抑えて、そしてゲインを上げることで小さい音を上げる。
大きな音↓ 小さな音↑
これによってダイナミックレンジが狭まり安定し、かつ音圧が上がるというわけです。

 

<距離感についての補足>

多くのトラックがある場合は特にですが、その範囲を超えるような過剰なダイナミクスの変化はミックス内部における、前後の距離に悪影響を与えます。(トラック間の前後関係のバランスが崩れる。)

大きくなりすぎると、その楽器が変に近づいてくるように聞こえてしまったり、あるいは小さすぎて、埋もれて聞こえなれば、変に遠くに離れてしまったような聞こえたり。ということです。

それが一音単位で起きてしまうわけで、特定の意図を除けば、そういう聴覚効果は聴き手に不安定な印象を与えるだけです。

コンプを上手く使えば、ちゃんと抜けて聞こえる遠くの音、つまり音をいい意味で引っ込めることも出来ます。音量を抑えつつ、極端に近い位置で音を鳴らすことも出来ます。コンプでそのmixの空間感をコントロールすることが出来るわけです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です